Yattsu Style Lightroom&BeatStep&MIDI2LR
FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018-03-03

Lightroom&BeatStep&MIDI2LR

Lightroom ClassicCC現像をMIDIコントローラーで快適に
Arturia BeatStep
このMIDIコントローラーでLightroomをグリグリします。
現像する時iPadとかでスライダーでやる感覚をPC(Lightroom ClassicCC)でもやりたいって事です。
まずはMIDIコントローラーを選んでください。
ググればいっぱい?出てきますが、選択肢は5つくらいかな。
Lightroom専用もありますが、高いのと評判はイマイチみたい。
一番使い勝手が良さそうなArturia BeatStepを使いますが、日本で使用している方を探しても多くなく、英語サイトからいろいろ調べてみました。
他のMIDIコントローラーのスライダーは見た目が良いけど絶対値になるので値がジャンプするようなので要らない。
ノブとパッドだけあればいいかなと思います。

Arturia BeatStepは16+1ノブと16パッド+16切り替えなので割り当てると、そこそこ現像特化MIDIコントローラーのできあがりになるはず!
使用するもの
Arturia BeatStep
MIDI2LR
Lightroom

MIDI2LRとかは調べれば出てきます。

Arturia BeatStep本体の設定から
BeatStep Firmwareを本家サイトからDLインストール
ノブをRelative 2設定にします。
右クリで全体に設定できる。

PadはMIDI Noteのまま

Projectで
Knob AccelerationをSlow (Off)にします。
(アクセレーションなので一気に回した時に飛ぶほうが楽なときは入れても良いかもと思ったらレスポンスが悪くなりました)

Pad Velocity CurveをFull
デフォだと押した感覚で値が変化するようです。
ここで苦戦してパッドの挙動が安定しなかった。
(switchの設定では押した時と離した時で2回値が送信されるようで写真送りが1枚飛んだ)

同じ設定をMemoryにRestoreしておけば安心だと思います。(意味があるかはわからないです)
SAVE
これでデフォ設定は終わり。


MIDI2LRの設定は
アサインしたいノブ、パッドに設定をしていき、右クリでメニューを出して
Two’s complement
ノブの解像度は600くらいで1刻み
解像度を下げれば5刻みとか3刻みで変化します。

あとは片っ端からアサインしていくだけ!

BeatStepのCHAINパッドを押すと1のパッドが青くなっていますのでそこに設定されました。

CHAINパッド+2とかで色々なパターンを登録、切り替えできます。
16パターンも設定できるけどそこまで切り替え要らないかなー


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yattsustyle.blog101.fc2.com/tb.php/326-b21aca85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。